大塩獅子舞

今日は大塩の、お祭りに行ってきました。

笛仲間とそのお友達と三人で大塩天満宮に。

現地に昔、太鼓でお世話になった先輩が待っていてくれました。

先輩の案内でお宮の中に。

ちょうど全ての獅子舞が道中舞で宮入。

一緒に笛をやってる仲間も獅子舞の笛を吹いてました。

潮舞太鼓のメンバーにも何人か獅子舞に参加していて挨拶出来ました。

途中からもう一人見学に。

大塩の獅子舞は鎌倉時代から伝わっているとか、凄い!の一言。

無形文化財の獅子舞をたんのうして帰ってきました。

2016101519484240c.jpg
スポンサーサイト

伝承

平成28年、御着秋祭りが無事終わりました。

500年以上続く獅子舞を無事奉納して、18時から打ち上げをして、今帰って来ました。

ただ今、午前1時。

焼酎ロックで何十杯飲んだことか。

大変酔ってます。

大変有意義な時間を過ごせました。

これから獅子舞をどう伝えていけばいいのか。

自分達は何をしなければいけないのか、何が出来るのか?

酒を飲みながら真剣に語り合いました。

しかし酒が入っているので脱線の連続。

それでも膝をつきあわせて本音で語りあう。

本来の人間どうしの基本であるように思います。

みんな酒が入っていて訳がわからん話しになってましたが、裸の人間同士の貴重な時間になりました。

だいぶ酔ってます、訳の分からん投稿になりました。

あしからず。

2016101000520090b.jpg

親孝行できたかな?

昨日と今日が地元の秋祭りです。

私の父親も長い間、獅子舞にかかわって来ました。

今では年老いた父親が口癖のように言ってました。

獅子舞が見たい!

父親の思いを叶えてあげたくて昨日、車椅子に乗せて、お宮まで連れて行きました。

獅子舞を奉納している間、獅子の笛のメロディーを口譜で唄っておりました。

今、獅子舞を指導しているTさんは父親の教え子。

Tさん、久し振りに会う師匠の車椅子に駆け寄り、長い間、何やら話しておられました。

奉納舞を半分くらい観て、つれて帰りました。

大好きだった獅子舞を、たんのうして、とってもいい表情をしてました。

笛を持てば何時でも祭りよ!が口癖だった父親。

来年も元気で、獅子舞見に行こうな。

2016100905314747b.jpg

伝承

祭りの獅子舞の練習が大詰めを迎えている。

私が獅子舞保存会に入った頃、獅子舞を紹介する時。

御着の獅子舞は四百八十年前から今まで伝わっています。

といって紹介してました。

11種類の舞が、原型はしるよしもありませんが、個人的にはほぼ完全な形で伝承されていると思います。

それはいいんですが、なぜか、毎年、四百八十年言うてます。

私が保存会に入ってから約三十年になるんですが。

とっくに五百年過ぎてると思うのは僕だけでしょうか?

今年の祭りでも、御着の獅子舞は四百八十年続いていまして、て言うんかな?

20161003222029e11.jpg

御着獅子舞保存会

今年も10月10日、11日の2日間、御着獅子舞保存会として無事、家々を回る、竈払い、神社での奉納が出来ました。

御着獅子舞は戦国時代、小寺氏がこの地を納めていた頃に確立されたと言われているので、かれこれ五百年にはなるだろう。

黒田官兵衛も御着の小寺氏に仕えていた頃で当然、この獅子舞を見ていたと思われる。

伝統に支えられたものである。

獅子舞の起源はそれぐらいにして、私事になりますが、保存会に入会して三十年近く色んな事が有りました。

私も早いもので55歳をすぎました。

舞いを舞う体力はもうありません。

笛を吹いているなかでも一番の古株になりました。

若手の会員も育って来ています。

獅子舞の技術を指導するのは勿論の事、獅子に、かかわった先任達の思いも、自分達の知る限り伝えて行く事に責任を感じています。

獅子舞が廃れていた頃、たった一人で復活させた、尾崎磯次さんのこと。

詳しくは。

http://tonmarounohinitijou.blog.fc2.com/blog-entry-51.html?sp

この話には続きがある。

詳しくは。

http://tonmarounohinitijou.blog.fc2.com/blog-entry-52.html?sp

私の知る限り御着獅子舞の一番のファンだった岡田照子さんのこと。

詳しくは。

http://tonmarounohinitijou.blog.fc2.com/blog-entry-50.html?sp

まだまだ沢山あると思います。

祭りの打ち上げの時、若者達に向かって、これらの話をした。

嬉しい事に皆真剣に耳を傾けてくれた。

先任達の思いを受け継ぎ、胸に暖めながら、これから先、何十年、何百年と御着獅子舞が続いて行くことを心から願わずにはいられません。

20151015032443213.jpg
プロフィール

とんまろう

Author:とんまろう
好きなもの:盆栽や笛、腹いっぱい食べること、寅さん、都はるみ、中島みゆき。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR