神様が入られた

十年近く実家を出て暮らしていますが、やっと神様をお祀りさせて頂く事が出来ました。

数年前までは月に一度、近くの教会に、お参りしていたんですが、事情があり、教会が遠くに移転してしまい、お参り出来なくなっていました。

なんとか心だけは、繋いでいたんですが、何時かは、今暮らしている所に、神実様をお祀りさせて貰えないかと日々思っていました。

念願叶って7月29日、会長立ち会いのうえ神実様をお迎えさせていただく事が出来ました。

これから朝夕、手を合わせる事が出来ます。

有り難いことです。

20160730063548f10.jpg
スポンサーサイト

見るも因縁、聞くも因縁。

ホームホスピスである私の職場に看護士の卵である、学生さんが二名、実習で来られている。

一人が原付で通っておられて、実習に来る途中、交通事故を起こした。

肘と膝を打撲した。

今日、本人から聞いて、気をつけなあかんでと話しした。

見るも因縁、聞くも因縁。と教えられている。

見るのも、聞くのも、自分も同じものを持っていると言う意味。

自分も最近、自転車で通勤している、気をつけなあかんなぁ、って思った。

そして帰り道、国道で信号青でわたっている私に赤信号を無視して高校生くらいの男性が自転車で突っ込んできた。

思わず出た言葉が『大丈夫か?』

相手は申し訳なさそうに『大丈夫です』と。

しかしこちらは、ぶつかったショックでサドルから、ケツがズレて、ケツの穴が裂けたかて思うほど痛かった。

五分ほど、ケツの穴が痛くて、切れ痔になったかと、まともに座っていられなかった。

見るも因縁、聞くも因縁。

気をつけよう!

20160728212702a0f.jpg

夏本番

夏本番、暑いので、笛を持って庚申堂へ。

樹齢数百年の、えのき、姫路市の保存樹の横で樹のパワーを貰いながら笛を吹いた。

午後2時、一番暑い時間帯にもかかわらず木陰に入れば気持ちよい風が吹き抜ける。

御着にもいい所が沢山ある。

暑い夏にいっぱい、いっぱい、笛を吹いて、実りの秋には村祭り。

今年も神様の恵みに感謝しながら、思う存分、笛を吹きますよ。

201607271419591c4.jpg

足が出来た。

私の足が出来た。

車は大型免許まで持っている、しかし自分の車は10年ほど前から持っていない。

三年ほど前までは原付に乗っていたが手放した。

長い間、自分の足を持っていなかった。

ひょんな事から、職場の理事長が放置していた自転車があることに気づいた。

六段変速のいい自転車である。

埃だらけで両方のタイヤはぺちゃんこ。

少し錆びも有るが直して乗れない事はない。

自転車屋まで転ばして持って行く。

幸いにムシゴムが痛んでいただけでパンクはしてなかった。

ラッキー。

痛んでいたパーツを取り替えて完全に乗れるようにした。

原付ぐらいは買おうかとも思っていたが、運動も兼ねて、しばらくこの自転車のお世話になろうかと思う。

20160720200229bb9.jpg

地に足を着けて。

私の人生、今思えば、精神病とのたたかいでした。

高校一年生の時発病し、今まで八回入院してます。

一番最近が平成20年、今から8年前。

若い頃はやりたいことが一杯あって一生懸命になるとすぐ発病、途中でストップの連続。

病名は統合失調症。

今も月に一度は病院に通っています。

出される薬が、リスパダール。

本当にキツい薬です。

発病した頃、うつで毎日が辛くどうしたら楽に死ねるかって本気で考えていた。

それと同時に人間は、何のために生きるのか?なぜ生まれてきたのか?本当の幸せて何なのか?

真理が知りたかった。

色んな宗教書を読みあさり。

実際、幾つもの宗教の門もたたいた。

めぐりめぐりて結局は家が代々信仰している天理教に行き着いた。

病気のお陰で職も失い、家庭も失った。

ギリギリの所で生きてきて、人の痛みも少しは、わかるようになったかな。

それともう一つ、生きる事にカッコつけなくなった。

誰になんと言われようと、自分の人生、誰も責任取ってくれない。

ならば自分の心に正直でいよう。

等身大で生きよう。

そういう心が定まってから発病しなくなった。

病気のお陰で信仰という定規も持てたし、何が幸いするかわからない。

元嫁さんの苦労のお陰もあり、3人の子供も立派に成人してくれた。

心の中で手を合わせています。

今も薬は飲んでますが、残された人生、生かされている事に感謝し、地に足を着けて歩んで行けたらと思います。

20160709000645074.jpg

十年前の色紙

家の中を整理していたら、十年ほど前に書いた色紙が出てきた。

今思い出すと、笛や太鼓に対する思いを、心に浮かぶまま、色紙に書いていた。

書いた色紙を太鼓や笛仲間にも、貰って頂いた事もある。

十年前と今も笛に対する姿勢は同じような気がする。

考えたら、30年近く笛に取り憑かれて日々暮らしてるんやもんなぁ。

この色紙を書いた頃の笛はどんなんだったかな、なんて懐かしく読み直しています。

2016070320325267b.jpg
プロフィール

とんまろう

Author:とんまろう
好きなもの:盆栽や笛、腹いっぱい食べること、寅さん、都はるみ、中島みゆき。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR