君の名は。

同じ映画を二度観てしまいました。

『君の名は』

一回目観た時は満員で一番前の席でした。

その時、一緒に行った友人は終わった時、涙を流してました。

それから数日してもう一度観に行ったらしい。

段々と世間で話題になり、アニメの風景が実在すると噂になり、聖地巡礼のような現象が話題になった。

今日は違う友人が一度観てみたいと言い出し、それならと、付き合ってもう一度観に行きました。

平日と言うこともあったのか、今回はガラ隙。

ど真ん中で観れました。

ラストシーン涙ボロボロ。感動!

一回目観たとき全然意味わかっていなかったようです。

社会現象にまでなる意味が二回観てやっと理解できました。

20161129183849946.jpg
スポンサーサイト

人が好き!

最近、仕事に行く前、仕事が終わってから、また休みの日、時間の経つのも忘れて、フェイスブックやってます。

それは、それで結構、楽しんでる。

僕はスマホではなくタブレットを使ってます。

タブレットのむこう側で僕の出すアクションに相手はどんな表情を浮かべているんだろう。

想像するのが真底楽しい。

ふと、我にかえる時がある。

人に会いたい!

ひざを突き合わせて、語り尽くしたい。

珈琲飲みながらでもいい。

酒ならなお良い。

どんな話題でも良いから心を裸にして語り尽くしたい。

20161128100934ae7.jpg

叱られました

本日、好古園に行ってきました。

紅葉をバックに、ついつい篠笛を吹きました。

『里の秋』を二回吹いた所で警備員に止められました。

お客様からの拍手もあったんやけどなぁ。

好古園では出演料もらって頼まれて幾度か出演しています。

お金貰ったら堂々と吹けて、タダで吹いたら叱られて。

何か変な感じ!

20161124152129124.jpg

末娘がんばれ!

先日、今年二十歳になった末娘が相談してきた。

恋愛相談である。

彼氏が出来てラインでやり取りしているが、思うような返事が返ってこないという。

娘は会った時に、付き合おう、という一言が欲しいらしい。

一段、一段けじめをつけて発展していきたいという。

それなのに彼は、二人で逢って初めての日にキスしてもええかと迫ってきたという。

付き合っても無いのにキスなんて考えられないと娘。

娘の話しを聞いている限り、彼氏のことは、だいぶ気になっているようである。

なにやら、あれこれと娘の言い分を聞いてやった。

人生の先輩として私の思うところを私なりに話しました。

自分も好きならキスしたらええやん。

でも、お父さんならキスしたら次はその次はと行ってしまうな、と。

お前も成人したんやから、自分の責任で判断したらええて。

無責任な行動でつまずいたら泣くのは自分やで。

まあ、それも経験で無駄にはならんやろけどな。

取り返しのつかない事だけは気を付けてな。

少し話したが、娘は彼がどうして、彼がこうで、て。

彼がと違うやろ、自分やろ。

父親としては娘に自分の責任でいろんな経験をして欲しい、泣いてもいいやん、人生の肥やしや。

少しの時間話していたが、娘は今の彼氏のことで頭がいっぱいのようである。

そらそうやな。

末娘がんばれ!

若いてええなぁ。

そんなことを感じたその日の僕でした。

2016112411201211f.jpg



濃い一日

今日は濃いい一日でした。

仕事休みだったので目覚めたのは午前三時。

朝風呂入って、フェイスブックのチェック。

盆栽君達と、しばし語り合って。

9時から美女と朝のモーニング、昼まで居座って、もう一人美女を誘って和太鼓のコンサート。

昔一緒にやってた仲間たち、みんな頑張ってた。

僕が作曲した笛の曲を舞台に上げてたのには、嬉しかったなぁ。

コンサートの後一緒に行った美女二人に、昔、太鼓を教わった先輩が合流。

一杯行こうと言うことで、美女二人と先輩と僕、四人で牡蠣を食べに。

先輩と酒を呑むのは十数年ぶり先輩昔と全然変わってない。

美女二人も交えて最高の一時を過ごせました。

20161120191937e3e.jpg

父親偉大也!

私の笛の原点は父親であります。

父親が獅子舞で笛を吹いていなかったら、今の僕の笛は有り得無い。

30年近く前、僕が獅子舞を始めた頃、当時の自治会長が僕に言った。

お前の親父は笛の名人じゃ、と。

今、思い返せば父親の笛はゴリラのような指でありながら、本当に繊細な指打ちをしていた。

笛を始めた時、先輩に言われた。

誰か一人でいい、ライバルを作っとけ、それが上達の近道や!

僕のライバルは笛を始めた時から決まってた。

父親の笛を越えてやる!

笛を始めて30年、僕は父親の笛を越えたんだろうか?

若い頃は何度となく父親を越えたと思った。

今思う、僕はある一点で絶対に父親を越える事は不可能であると。

僕の笛と父親の笛は原点が違う。

父親は家が貧乏で、家族を支える為に働いた。

家が貧しくて楽器など買うに買えない。

河原の土手に生えている篠竹を切ってきて、自分で作れる篠笛は父親にとっては夢の楽器だったと思う。

一日の労働が終わり夜、河原で何もかも忘れて一心不乱で吹いていたという。

笛持てば一年中祭りよ!

父親の口癖であった。

一本、何万円もする有名な笛師が作った笛を何本もぶら下げて。

全国でも有名な師匠に高いお金を払い。

僕は笛を30年やってます?

原点、始まりが違う!

僕には父親の笛の音は絶対に出せない。

これが事実です。

201611122142295d8.jpg

散歩

寒い日でしたが、お城まで散歩。

お城の中では菊花展が開かれていました。

帰りは姫路駅内のピオレヤング館で、お茶して帰ってきました。

20161110200118583.jpg

2016111020060197d.jpg

初めての経験

昨日は盆栽の講習会が8時頃に終わったので友達と合流。

生まれて初めてライブハウスたる所へ行ってきました。

来年にここのライブハウスで僕達の太鼓と笛が聴きたいというリクエストがあり、プロデュースしてくれている友達と場所の下見をかねて行きました。

姫路にもこんなライブハウスがあったんだ。

昨日は店長のギターによる演奏と電子ピアノの演奏。

どちらもソロの演奏でした。

あんまり広くもなく、お客様との距離もいい感じ。

店長の演目はロックンロール、流石どの曲も自分の曲になっている、凄かった。

電子ピアノの演奏をされた方も歌はいっさい無し、ピアノだけ知ってる曲もだいぶ有ったけど、ピアノだけで30分ぐらいだったか、全然、聴いている人を飽きさせない、ほんと素晴らしかった。

演奏が終わってからも二人の演奏者とおしゃべり。

音楽に対する哲学をしっかり持っておられる、お二人。

凄く刺激になりました。

ここでやりたいという思いがフツフツと沸いてくる思いがしました。

濃い一日でした。

盆栽三昧

昨日は午後、愛好会の盆栽展にいってきました。

僕は出展してなかったんですがいい刺激になりました。

夕方から盆栽園、しらさぎ園にて講習会。

樹を持って来られたら人が少なかったので講習会は少し早く終わりました。

僕はシンパク二本、さらに良い樹になるようドッグ入り。

プロに手を入れてもらいます。

講習会の後は盆栽界でも超有名人の西川智也さんにプロが考える盆栽論を直にお聴きしました。

時間のたつのも忘れて本当に楽しく興味深いひと時を過ごせました。

201611060739170eb.jpg

写真は盆栽界の宝。日暮し

食事会

昨日は久しぶりに、元嫁と子供達全員で食事に行きました。

子供達もお陰様で全員、成人し元嫁も夜勤の仕事やめるそうです。

昨日は子供達の彼氏や彼女の話で盛り上がりました。

孫の顔が、みれる日が来るのかな?

20161103053620be9.jpg

201611030535478e3.jpg

プロフィール

とんまろう

Author:とんまろう
好きなもの:盆栽や笛、腹いっぱい食べること、寅さん、都はるみ、中島みゆき。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR