低音を磨く

長いスランプを抜けて、ようやく笛が鳴りだしたように思う。

スランプの時は笛を持つのが怖かったが、最近は、「さぁ今日も行ってみようか」そんな気分で、笛を袋から出している。

獅子舞の笛を覚えた頃や、和太鼓に合わせて吹いていた頃は甲(高い)の音を良く使っていて、高音を意識して磨いてきたが、独奏曲を吹きだしてからは呂(低い)の音を良く使うようになった。

空を裂く高音は、聴く人に、夢と希望を与えると元の師匠が言われていたが、私が思うに、篠笛の低音は、聴く人に、落ち着きと安心を与えるように思う。

最近は高音もさることながら、低音を意識して磨いている。

篠笛が本当に鳴っている時の低音は、篠竹のため息のようで、吹いててマジで気持ちいい。

すべての音をもっともっと磨きに磨いて聴く人を幸せにしたい。

そして篠笛を愛する人がもっと増えてくれる事を心から願ってやまない。

2015082501330346c.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

とんまろう

Author:とんまろう
好きなもの:盆栽や笛、腹いっぱい食べること、寅さん、都はるみ、中島みゆき。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR