月に一度の稽古日

2003年NHK大河ドラマで「宮本武蔵」が放送された。

武蔵の生誕地とされる、岡山県美作市は大いに盛り上がり、市長が村おこしを兼ねて何かをやりたいと行動を起こした。

そんな時、市長がたまたまラジオから福原一笛先生の笛の演奏が流れたのを聴いた。

市長はこれだと思ったという。

福井県に在住の一笛先生をなんとか岡山に、お呼びし、先生の篠笛を普及させたいとの思いから、岡山県美作市大原に、武蔵の里、お通笛の会が発足した。

それから十数年、お通笛の会が続いている。

その、お通笛の会の門を叩いて三年が過ぎた。

先生も指導していくなかで「お通笛のひびき」という作曲集も出版されている。

20150913053402b9c.jpg

昨日が月に一度の稽古日で、先生の作曲集の中から「武蔵恋慕」と「恋衣」の稽古をつけて頂いた。

20150913053432e66.jpg

篠笛に合う独創的な曲でした。

来月の稽古日には二重奏にした譜面を持ってくると言われていた。

とても楽しみです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

とんまろう

Author:とんまろう
好きなもの:盆栽や笛、腹いっぱい食べること、寅さん、都はるみ、中島みゆき。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR