お囃子の極意

祭りの獅子舞の練習が中盤に差しかかった。

先日の練習で「早変わり」の練習中、太鼓が走って笛も引っ張られて走ってしまった。

20150929204208c8d.jpg


とても獅子が舞えるスピードではなかった。

舞いが終わってから、太鼓も笛も速すぎて舞えないと言われた。

はっきり言って、この舞いは僕は舞った事がない、しかし注意しなければ走りやすい舞いではある。

それと太鼓が走ればどうしても笛は太鼓に合わせざるをえなくなる。

それでも親父が笛を吹いていた頃は、太鼓が走り出すと親父は太鼓を無視してゆっくり吹いていた、それでも太鼓が走るのを止めなければ、笛を止めてしまっていた。

どんなによい音で太鼓が叩けても、笛の指がどんなに速く動いても、獅子が舞えてこその囃子である。

20150929204136e48.jpg

僕ももっと強い気持ちで笛を吹かなければと思う。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

とんまろう

Author:とんまろう
好きなもの:盆栽や笛、腹いっぱい食べること、寅さん、都はるみ、中島みゆき。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR