舞台を終えて

今年の春から取り組んできた和太鼓を中心としたコンサートが終わった。

見に来て下さった方々からは、すごかった、感動した、などなど大方好評だった。

和太鼓あり篠笛あり踊りあり、はたまた三味線までありの、多彩な舞台であった。

二時間を超える舞台も長く感じなかったといわれていたが、多彩な演目のおかげだったと思う。

それは良しとして、足を運んで下さった人の中には、その道、何十年というプロ級の人も、実際おられた。

そんな人から見たら今回の舞台も素人の発表会のように見えたかも知れない。

日々の稽古を真剣に取り組まなくてはと、つくづく感じた。

そんな僕はといえば、相も変わらず、思った音がでないと日々苦しみながら笛を吹いている。

言ってみれば、笛にとり憑かれた僕の業だとしみじみ思う今日この頃である。

201511272107437ef.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

とんまろう

Author:とんまろう
好きなもの:盆栽や笛、腹いっぱい食べること、寅さん、都はるみ、中島みゆき。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR