津軽山唄

先日、土曜日の篠笛教室で、経験者は太鼓やってる方々だったので、舞台で使えるようにと『津軽山唄』をやりました。

この曲は甲(高い)の音が多いので、太鼓の転換の時でも吹ける、優れもの。

しかしながら、この曲は指打ちが聴かせどころ。

しかし譜面に全てあらわすには、ちっと無理がある。

小さな指打ちは省略して、基本の譜面を起こして皆さんに配った。

取りあえず、指打ちは封印して基本のメロディーを少しずつレッスンした。

基本を何度も繰り返し吹いていると、余裕が出来てくる、そこではじめて指打ちを入れてほしい。

さり気なく、粋に。

ここの所はどの指で打つんですか?て聞かれても、私の指を見ていて下さいとしか言いようがない。

自分でも意識して打ってないので。

指を打とうと意識したら嫌らしくなる。

とにかく、さり気なく打てるまで、吹き込んで下さい。

私が、津軽山唄をふけばこうなります、ていえるまで吹き込んで下さい。

昔、師匠が言われてました、例えばこんな風にて。

あの人の、津軽山唄が聴きたいっていわれるまで。

20160613071532394.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

とんまろう

Author:とんまろう
好きなもの:盆栽や笛、腹いっぱい食べること、寅さん、都はるみ、中島みゆき。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR