地に足を着けて。

私の人生、今思えば、精神病とのたたかいでした。

高校一年生の時発病し、今まで八回入院してます。

一番最近が平成20年、今から8年前。

若い頃はやりたいことが一杯あって一生懸命になるとすぐ発病、途中でストップの連続。

病名は統合失調症。

今も月に一度は病院に通っています。

出される薬が、リスパダール。

本当にキツい薬です。

発病した頃、うつで毎日が辛くどうしたら楽に死ねるかって本気で考えていた。

それと同時に人間は、何のために生きるのか?なぜ生まれてきたのか?本当の幸せて何なのか?

真理が知りたかった。

色んな宗教書を読みあさり。

実際、幾つもの宗教の門もたたいた。

めぐりめぐりて結局は家が代々信仰している天理教に行き着いた。

病気のお陰で職も失い、家庭も失った。

ギリギリの所で生きてきて、人の痛みも少しは、わかるようになったかな。

それともう一つ、生きる事にカッコつけなくなった。

誰になんと言われようと、自分の人生、誰も責任取ってくれない。

ならば自分の心に正直でいよう。

等身大で生きよう。

そういう心が定まってから発病しなくなった。

病気のお陰で信仰という定規も持てたし、何が幸いするかわからない。

元嫁さんの苦労のお陰もあり、3人の子供も立派に成人してくれた。

心の中で手を合わせています。

今も薬は飲んでますが、残された人生、生かされている事に感謝し、地に足を着けて歩んで行けたらと思います。

20160709000645074.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

とんまろう

Author:とんまろう
好きなもの:盆栽や笛、腹いっぱい食べること、寅さん、都はるみ、中島みゆき。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR