笛の指打ち。

篠笛において音を切る時、フルートのようなタンキングはしません。

指打ちをします。

どの指を打つかある程度決まりはありますが基本人差し指で打つことが多いようですが、決めてしまわなくても良いと思います。

大事なのは指の打ちかた。

お囃子などは、潔くパンパンと打つことが多いです。

難しいのが抒情歌などの時の指打ち。

優しく聞かす曲でお囃子のような打ち方をすれば曲の雰囲気が失われてしまいます。

私はあえて指を打つ事をしなくて吹く事もあります。

打つにしても穴を空けなくても指を少し動かすだけでも音は変わります。

打つ時も優しく情感が出るように打つにはどうすればということを常に意識して稽古して下さい。

指の打ち方だけでも曲のイメージは凄く変わります。

篠笛らしさを意識して指打ちを色々研究してみて下さい。

20170203122536f5e.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

とんまろう

Author:とんまろう
好きなもの:盆栽や笛、腹いっぱい食べること、寅さん、都はるみ、中島みゆき。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR