息子

私のFacebook友達には何故か子育て中のお母さんが結構おられます。

私の子供達は三人とも成人していますが今日は長男が保育園に行ってた時の話しをします。

どうかお付き合い下さい。

長男は地元の保育所が定員オーバーで入れませんでした。

保育所探しから関わりました。

私立の保育所では、玩具はすべてドイツ製のものを使ってますてな所もありました。

物凄く洗練された制服の保育所もありました。

私が最終的に選んだ保育所は、別所保育所。

理由は空が広かったから!

わんぱくでもいい元気に育ってほしい、昔のコマーシャルにありましたっけ。

結果論ですが私の選択は間違っていなかった。

保育所の場所も広々とよかったが、それにもまして先生方に恵まれた。

いまも忘れられない思い出があります。

祭りで保育所に地元の獅子舞がやってきた。

獅子舞が息子の心の琴線に触れたのでしょう。

保育所の作品展にご家族が招待された。

園長先生が私を見るなり、真也君の作品を見てやって下さいと言って案内された。

園児達の図画や工作が展示されていた、息子の真也は獅子舞の絵を描いていた。

しかし何故か息子の絵だけが画用紙四枚に描かれていた。

園長先生がおっしゃるには。

真也君が獅子舞の絵を描くと言い出して描き出したのは良いがとても画用紙に収まりきれそうにない。

当たり前なら、真也君もう少し小さく描かないと全部描けないよ、だろう。

しかし先生は画用紙を四枚にふやして下さった。

獅子舞に感動した息子の心を大切にしてくださったのだ。

画用紙四枚に描かれた息子の絵の前に立ったとき、教育とは何なのかというものを、本当に教えて頂いた思いがしたその日の私でした。

20170619113210968.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

とんまろう

Author:とんまろう
好きなもの:盆栽や笛、腹いっぱい食べること、寅さん、都はるみ、中島みゆき。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR