モンゴルの笛

モンゴルの笛が凄い!

先日モンゴルの楽器の演奏を聴く機会をいただいた。

何が凄いといっても、やはり笛に目が行ってしまう。

その笛の奏法、全然息継ぎをしていないように延々と続く『循環呼吸法』たるもの。

早速調べてみたが、空気を鼻から吸って肺にため、肺から送って口腔にため頬の筋肉の圧力で少しづつおしだすと同時に鼻から吸うという方法。

北アフリカから中近東、アジア全域に見られる。

起原は千年とか2千年前という史料が限界で2~5万年前という説もある。

まあ奏法はこれくらいにして、演奏、これがまた私の文章力では表現出来ないほど凄かった。

あまりに凄かったので、演奏後楽屋に押しかけた。

片言の日本語で親切に話して下さった。

子供の頃からやってて、日本でいう音大のような所がモンゴルにもあってそこで習ったとのことでした。

世界は広くて深いぞ!

蛇足になりますが、夢中になりすぎて画像などは全く残していません。

写真はネットからイメージに合うものを引っ張ってきました、あしからず。

20170811041743e87.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

とんまろう

Author:とんまろう
好きなもの:盆栽や笛、腹いっぱい食べること、寅さん、都はるみ、中島みゆき。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR