カッコ付けたもんです。

201503202031482af.jpg


妹に背中を押され、母親の葬式で笛を吹いた。

桜の季節にも関わらず、吹いた曲がなぜか「里の秋」

それでも皆、泣いていた。

吹き終わった後、母の棺桶にその笛を納めた。

朗童の七笨調子の笛だった。良く鳴る笛だった。

今思えば、カッコ付けて笛を灰にしたことは少し
勿体なく思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

とんまろう

Author:とんまろう
好きなもの:盆栽や笛、腹いっぱい食べること、寅さん、都はるみ、中島みゆき。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR