神が吹かす笛

長い間、笛を吹いていると、いろんな事があります。

二十年近く前の事になりますが、祭り本番の二~三日前、職場で電気カンナを使っていて、左手薬指の先を、とばしてしまいました。

20150523201803b67.jpg

獅子舞は、剣の舞、を舞う予定でしたが、別の人が舞う事に成りました。

笛も到底、吹ける状態ではありません
祭りの笛では左手薬指は大事な指です。

今年は家々をまわる時、スリッパ揃えでもさせて貰おうかと思っていました。

ところが、奇跡と思える事が起きました。

笛は本来、指穴が七つなんですが、地元の獅子舞の笛は六穴になっています。

これが幸いしました。獅子の笛は本来、親指と小指を除く左右三本の指で穴を押さえます。

201505232018291bd.jpg

左手薬指を包帯でグルグル巻きにしてあったので左手は二本しか使えません。

代わりに右手の本来なら使わない小指を入れて、四本の指を使いました。

20150523201854cad.jpg

七穴の笛では指が足りませんが六穴なんで助かりました。

とは言うものの左手薬指を使わず右手の指を一穴づつ、づらして吹くなんて有り得ません。

笛吹きというもの、考えながら指を動かしていません、何回も吹いて指が勝手に動くまで練習しています。

穴を押さえる指が代わるんですから、普通なら指が混乱してしまいます。

獅子舞は神様事なので、神様が吹かせて下さったと僕は信じます。

20150523201921018.jpg



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

とんまろう

Author:とんまろう
好きなもの:盆栽や笛、腹いっぱい食べること、寅さん、都はるみ、中島みゆき。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR