日本の音

最近の篠笛は、西洋楽器と合わせる為に、ドレミ調に調律してある笛が主流に
なってきている。

どんな曲(明治以降、日本に入ってきた)でも吹けるので、重宝しているし、僕も使っている。

しかしながら、明治以降、日本に入ってきた西洋音階、ドレミ調では満足出来ない自分がいる。

先祖代々、日本人が伝えてきた、和の音階を懐かしく、心震わす自分がいる。

20150606044833041.jpg


雅楽の龍笛(大昔、中国から伝わった笛)や能管。神楽に使われた古典調の笛。伝統の祭り囃子の笛。

それらの和の音階に心ひかれる。

最近は篠笛でピアノやバイオリンと合わせて洋楽を演奏するのをよくみかける。

僕の頭が古いのかもしれないが、ピアノやバイオリンと合わせるなら、篠笛でなく、フルートでいいではないか、なんて思ってしまう。

篠笛を吹くなら、三味線、鼓、太鼓、などと合わせたいと思うのは僕だけでしょうか。

20150606044855269.jpg


上手く表現出来ないが、こんな時代だからこそ、日本の音にこだわり、大切にしていきたいと思う、今日この頃です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

とんまろう

Author:とんまろう
好きなもの:盆栽や笛、腹いっぱい食べること、寅さん、都はるみ、中島みゆき。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR