続ける事

福原一笛先生の笛の教室に、2カ月ぶりに足を運びました。

今回も合同レッスンに参加しました。

私達の前に、初心者を対象にした、お稽古がありました。

初心者のお稽古が終了し、小学生くらいの生徒さんに先生が「毎日五分でいいから、吹いてね。」と声をかけておられた。

毎日五分。僕も笛を始めた頃、親父に言われた。

誰でも簡単に実行出来そうに思う。ところがどっこい毎日続けることがどれだけ大変か。

音が鳴りだした頃、次に簡単な曲が吹けだした頃、その頃が一番楽しくて、時間も忘れて吹いている。

そのうち飽きてくる、そんな頃に、先生のお稽古がある、新しい課題が与えられ、またひとりで笛を持つ。

その繰り返しで、何ヶ月、何年と過ぎていくうちに、ふるいにかけられ、色んな理由をつけて笛を手ばなす人が出てくる。

201506220711476e8.jpg

一つの事を何年、何十年と、続けることがどれだけ大変で素晴らしいことか。

毎日五分、今の僕には正直大変です。

「稽古とは一より習い十を知り十よりかへるもとのその一」


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

とんまろう

Author:とんまろう
好きなもの:盆栽や笛、腹いっぱい食べること、寅さん、都はるみ、中島みゆき。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR