吹いてて良かった

和太鼓をしていた頃、月に何度となく出演があった。

太鼓も打っていたが、笛を吹く事が多かった。

忘れられない舞台もいくつかある。

その日の舞台は、老人施設での出演だった。

四十分ぐらいの舞台だったと思う。

少なくても、お年よりが五十人以上はおられた。

2015062608305811a.jpg

大盛況で皆さん本当に楽しそうに観てくださっていた。

そんな中にあって、ただ一人、演奏が始まってから、一度も顔を上げず下をむいておられる人がいた。

何か辛いことでも有るんだろう。

そんな事を考えながら、太鼓を打ち、笛を吹いていた。

演目も進み、最後の演目になった。

十八番の姫山太鼓。僕は笛。

この演目、途中で笛のソロと大太鼓のかけ合いがある。

その笛を吹いた時、じっと下をむいていた人に向けて「頑張れ!」との思いを込めて音を飛ばした。

すると、そのお年寄りの目から、大粒の涙が、ぼとぼとと流れ落ちた。

笛を吹いてて良かったと思った瞬間でした。

2015062608312491b.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

とんまろう

Author:とんまろう
好きなもの:盆栽や笛、腹いっぱい食べること、寅さん、都はるみ、中島みゆき。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR